模型大好き!ロゴ
模型大好き!~情景家・櫻和春のジオラマ製作 / ラジコン製作



トヨタ・FJクルーザー/トヨタ・ハイラックス
ジャングル・ジオラマ製作記
マジョレット/トミカ

マジョレットのトヨタ・FJクルーザーとトミカのトヨタ・ハイラックスがジャングル探検しているジオラマを製作します。

タイトルは「ジャングルを越えて」にしました。

どうしてジャングルかと言うと、どちらも四駆ですから荒れたオフロードのジオラマはマッチするからです・・・というのもあるのですが、次回1/24スバル・サンバーを主役にしたジャングルジオラマを作る予定なので、その実験としての位置づけが大きかったりします(汗)

でも、練習ではありませんので、手は抜かないでしっかり造り込みます。

今回は、いきなりジオラマの全体の造形を作ってしまうところから製作を開始します。
トミカ・ハイラックス 再塗装

製作記 その1(ジオラマ全体の造形)



トミカ・ハイラックス、マジョレット・FJクルーザーに似合うジャングルのジオラマ~紙粘土で造形 小さいジオラマですので、まずはじめに全体の造形を一気に造ってしまいます。

材料は紙粘土(笑)。前回の小京都ジオラマの鯉・ナマズを造った時に使用した紙粘土が余っていたので、それを使うことにしました。

紙粘土は、どれだけ密封したと思っていても徐々に乾燥が進んでカチカチになってしまうんです。そうなっては勿体無いので、使えるシーンがあればできるだけ早く使ってしまいたいという趣旨です。

それ用に買うのも良いですが、”あるものを使う”がやっぱり大事なのかなぁと思っています。



トミカ・ハイラックス、マジョレット・FJクルーザーに似合うジャングルのジオラマ~紙粘土で造形が完了 ジオラマ「じゃんぐるおこえて」の完成です(笑)

紙粘土からできる角の無い柔らかい造形は子どもの頃に気持ちをタイムスリップさせてくれます。

でも、今回のジオラマは大人の作品「ジャングルを越えて」ということで、ここからが造り込みのスタートです。



ジオラマの土台板と紙粘土の造形を木工用ボンドで固定 紙粘土が完全硬化したら、木工用ボンドでジオラマの底となる板に接着させます。



トミカ・ハイラックス、マジョレット・FJクルーザーに似合うジャングルのジオラマ~モデリングペーストで崖などの造形の仕上げ1 リキテックス・フレキシブルモデリングペーストを紙粘土の表面に薄く延ばしながら塗りつけていきます。

ここで紙粘土の良さである”子どもらしさ”は消えてしまいますが、感傷に浸っている場合ではありません。

”ジオラマ造りは戦いなのだ!”

・・・ウソです(笑)櫻は”自己への兆戦と楽しみ、多くの人へ感動を届けたい!”という気持ちでジオラマ造りをしています。今は”楽しみ”の要素が大きいですが、結果としてそれを見てくださる方々に感動が届けられた素敵だなぁと思っています。



トミカ・ハイラックス、マジョレット・FJクルーザーに似合うジャングルのジオラマ~モデリングペーストで崖などの造形の仕上げ2 岸壁に地層が入りました。



トミカ・ハイラックス、マジョレット・FJクルーザーに似合うジャングルのジオラマ~モデリングペーストで崖などの造形の仕上げ3 プラ版の切れ端の面でなでて平らにしたり、角を使って筋を付けたりしながら、変化を付けていきます。



トミカ・ハイラックス、マジョレット・FJクルーザーに似合うジャングルのジオラマ~ジオラマ全体の造形のベースが完成 全体の基本仕上げができました。
モデリングペーストが乾燥したら基本塗装をします。



トミカ・ハイラックス、マジョレット・FJクルーザーに似合うジャングルのジオラマ~ジオラマ全体の造形のベースにサーフェイサーを吹く モデリングペーストがカチカチに固まったのが確認できたので、サーフェイサーを吹きます。

デリケートなものではないので、エアブラシではなく、タミヤの缶スプレー式のサーフェイサーを使いました。



トミカ・ハイラックス、マジョレット・FJクルーザーに似合うジャングルのジオラマ~ジオラマベースの製作完了 サーフェイサーも乾きました。

これで基本塗装は完了です。サーフェイサーの色で十分基本塗装になっていますので、一石二鳥ですね(笑)

これでジオラマベースができました。

次の頁は、製作記 その2(プラモデルのランナーを使った木・木の根の製作)

 下記からFJクルーザー・トヨタハイラックス(トミカ)
に関する各記事の1ページ目に進めます。 Top Page


プラモデル製作記



プラモデル完成画像



ジオラマ製作記



ジオラマ完成画像



ジオラマ製作動画






楽天でお買い物 積みプラ、積みラジ、それがモデラーのロマンです。
■プラモデル■


■ラジコン■

Back to Top