模型大好き!ロゴ
模型大好き!~情景家・櫻和春のジオラマ製作 / ラジコン製作



タミヤ・ランボルギーニ・チータ ~ラジコンレストア記

「模型大好き!」では初めてのラジコンレストア記のお届けです。

タミヤの名ラジコンであるランボルギーニ・チータのレストアの実況中継です。
タミヤ・ランボルギーニ・チータ

タミヤ・ランボルギーニ チータ・レストア記 その1(はじめに)



めちゃめちゃ貴重なラジコンが手に入りました!

タミヤ・ランボルギーニ・チータ 新品ボディ タミヤ・ランボルギーニ・チータ です(大喜)

新品が10万円を超えている今となっては、このように大変良い状態の中古キットを手に入れることができたのは奇跡かもしれません!!と思えるほど、櫻にとっては幻かつ憧れのラジコンなのです。

タミヤが初めて発売したオフロード・ラジコンは、コンバットバギー XR311 ですが、コンバットバギー XR311 は2012年に再販されているため、櫻にとって、幻という感じは無くなってしまいましたが、当時、コンバットバギー XR311 に次いで発売されたオフロードラジコンである、この ランボルギーニ・チータ は、2014年になっても再販の兆しすら感じられないので、何としても手に入れた!と思っていたのです。

当時、櫻が(おそらく)小学2年生だった時、友人のK林君のお父様が持っていて、庭で走らせていたのを見かけたのが、タミヤ・ランボルギーニ・チータを目にした最初でした。

ラジコンというよりもプラモデルに近い精密なボディで、”走るミニチュア”にすっかり引き込まれてしまいました。

その思いはずっと忘れることはありませんでした。

実は、櫻は、この タミヤ・ランボルギーニ・チータ を一度所有していたことがありました。

社会人一年生の時にコツコツと給料をためて、箱付き・未組み立てのキットを某オークションで落札して持っていたのです!

ただ、その数年後に、必要に迫れらて手放してしまっていました。

そんなこともあり、この タミヤ・ランボルギーニ・チータ は、櫻にとって、かなり思い入れのあるラジコンマシンの一台なのです。

今回、運良く手にすることができた タミヤ・ランボルギーニ・チータ は状態は良いとはいえ、発売から40年近くになる古いキットですし、そもそも走行暦のあるマシンですから、あちこちリペアが必要です。

今回のレストアは タミヤ・ランボルギーニ・チータ のオリジナル性を壊さないように、極力手を入れないで、最低限のところまでに抑えたところでレストアをしていきたいと思います。

次のページでは、手に入れたキットの様子を実況中継します。

次の頁は、 タミヤ・ランボルギーニ チータ・レストア記 その2(中古完成キット内容)

 下記から タミヤ・ランボルギーニ・チータ
に関する各記事の1ページ目に進めます。 Top Page


ラジコン製作記



ラジコン完成画像



ラジコン走行動画

現在このキットの動画はありません。




楽天でお買い物 積みプラ、積みラジ、それがモデラーのロマンです。
■プラモデル■


■ラジコン■

Back to Top