プラモデル製作記~タミヤ ワーゲン シトロエン11CV ドイツ3トン4×2カーゴトラック の製作 ~主なパーツの組み立て(塗装前) ~情景家・櫻和春の模型大好き!


 模型大好き!ロゴ
模型大好き!~情景家・櫻和春のジオラマ製作 / ラジコン製作

 

タミヤ ワーゲン シトロエン11CV ドイツ3トン4×2カーゴトラック 製作記
1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ(タミヤ)

タミヤの1/48 ミリタリーミニチュアシリーズの3種類(フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー、シトロエン11CV スタッフカー、ドイツ3トン4×2カーゴトラック)の制作記です。

ろうがんず杯2015 に出品するジオラマを製作するために、この3種類のクルマを2台ずつ、計6台製作します。

ジオラマでは、「同じクルマでもこんなに違う世界観のジオラマが作れちゃいますよ!」というプラモデルの楽しく素晴らしい世界観を多くの方々にお伝えできるようなものにしたいと思っています。

ろうがんず杯に出品する作品ではありますが、とにかく自分が楽しみながら作れることを第一優先とします。

ということで、ろうがんず杯初出品作品のジオラマの製作を画像をご覧いただきながらの実況中継からジオラマ製作動画まで、ぜひ続けてご覧ください!
1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ(タミヤ) タミヤ ワーゲン シトロエン11CV ドイツ3トン4×2カーゴトラック プラモデル製作

製作記 その1(ワーゲン タイプ82E 民間車両)



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ 外箱 これから3種類計6台の製作をしますが、まずはフォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー2台の製作を始めたいと思います。

ジオラマは、戦時中と戦後の対比がテーマですので、それに合わせてカラーリング等を変えて2台を作ります。

まずは、戦後のワーゲンから組み立てを開始します。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ ランナーからの切り離し ちょっとだけいいニッパーでランナーから切り離します。

素人ですが、やっぱり道具は大事です。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ バリ・パーティングラインの処理 紙ヤスリを使ってバリやらパーティングラインなどを消していきます。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ 塗装・サーフェイサー吹き あっという間に塗装の工程に入れます(笑)

まずはサーフェイサー吹きです。

スイスイと製作が進んで楽しい!!



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ 塗装・塗料の乾燥中 パーツ数が少ないので下地塗装もあっという間。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ ボディカラーの調色 ワーゲンのボディは、Mr.COLOR 34 スカイブルー に Mr.COLOR 1 ホワイト を少し入れて調色しました。

櫻の中では、ワーゲンの代表的なボディカラーです。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ ボンネットの塗装 まずは、面積の少ないボンネットで色の様子を見てみることにします。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ ボディの塗装 ボンネットの色合いが良かったので、ボディも塗装します。

実は、この前に、Mr.COLOR 34 スカイブルー 単色で塗装をしていたのですが、ちょっと色が濃過ぎて塗り直しだったりします(汗)

それほど厚く塗っていなかったのと、表に色が出てこなさそうだったので、シンナー風呂には入れませんでした。ボディも痛みますしね。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ ボディ塗装完了 ボディ塗装が終わりました。

思ったような色になっているし、スカイブルー を塗っていなかったボンネットとの色の違いも出ていないので安心しました。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ メッキ塗料での塗装 バンパー等の塗装は、Mr.カラー スーパーメタリック メッキシルバー ネクスト を使用します。

まずはつや有りのブラックで下地を作ってから メッキシルバーネクストを吹きます。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ ホイールキャップの塗装 ホイールキャップの塗装です。

Mr.カラー スーパーメタリック メッキシルバー ネクスト を先に吹いておき、中央部分を残してボディカラーで塗装します。

マスキングは難しいのと、メッキ塗料はマスキングテープに持っていかれやすいので、筆塗りにしました。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ ホイールキャップの塗装の完了 ホイールキャップの塗装が完了しました。

マスキング無しの筆塗りですので、櫻はこの辺が限界です。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ パーツ全景 お約束の組立前のパーツ全景です。

面倒なのに、並べるのが楽しくて楽しくて(笑)



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ シャーシの組み立て シャーシを組み立てていきます。

タイヤもスムーズに回転します。ジオラマに固定してしまうものではありますが(汗)



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ シャーシの組み立て完了 シャーシの組み立てが完了しました。

ちょっと素っ気無いですが、シンプルなのが好みです。

手抜き、じゃありません(笑)



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ ライトの反射板の取り付け1 フロントの反射板と・・・



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ ライトの反射板の取り付け2 リヤの反射板を取り付けます。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ ライトのレンズの取り付け1 さて、難しいライトのレンズの取り付けですが・・・



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ ライトのレンズの取り付け2 ボンド GPクリヤーでくっつけました。

クリヤパーツが曇ってしまっては台無しですが、パーツが小さいのでかなり神経を使いました。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ フロントガラスの塗装1 フロントガラスを塗装します。

使用したのは、マッキー(笑)

まぁ、雰囲気が出ればそれでいいかなと(笑)



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ フロントガラスの塗装2 それなりにそれっぽくなりました。これでいいです(笑)



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ フロントガラスの取り付け フロントガラスも ボンド GPクリヤー で取り付けました。

ボンド GPクリヤー は、ネバネバしていて扱いやすいとは言い切れないのですが、透明でしっかりくっつくので、クリヤパーツの接着には適していると思っています。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ ボディの取り付け シャーシにボディを取り付けます。タミヤらしく、スッポリ・ピッタリと取り付けられます。

この段階では、ボンネットとバンパーはまだ取り付けていません。

特に、バンパーはボディの取り付けの時に取れてしまうことも多いですので。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ バンパーの取り付け シャーシとボディがしっかりくっついていることが確認できたら、バンパーを取り付けます。

流し込み塗料を塗って、ある程度固まるまで指でしっかりと固定しておきます。

接着面積が少ないですし、接着剤が付いている部分をずらしてしまうと塗料が剥げてしまうので、かなり気を遣います。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ ボンネットの取り付け 良いキットですから、ボンネットの取り付けは気が楽です。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ ブレーキランプの塗装1 ブレーキランプは、タミヤ エナメルカラー の クリヤレッドを盛ります(笑)

塗るというよりは盛るという感じで厚めに塗ります。



タミヤ フォルクスワーゲン タイプ82E スタッフカー (1/48) 製作記 ~ ブレーキランプの塗装2 きれいに盛れました(笑)

次の頁は、製作記 その2 ワーゲン タイプ82E 軍用車両

 下記からタミヤ ワーゲン シトロエン11CV ドイツ3トン4×2カーゴトラック
に関する各記事の1ページ目に進めます。 Top Page


プラモデル製作記



プラモデル完成画像



ジオラマ製作記



ジオラマ完成画像



ジオラマ製作動画


 



楽天でお買い物 積みプラ、積みラジ、それがモデラーのロマンです。
■プラモデル■


■ラジコン■

Back to Top